長野県建設部

2018・04 エネルギーに配慮された新築住宅・モデル的省エネリフォーム事例集
長野県では、住宅の省エネルギー性能の向上を図るため、住宅の新築やリフォーム(省エネリフォーム)を検討する際に役立つ情報、
効果、実施事例などについて取りまとめた「エネルギーに配慮された新築住宅・モデル的省エネリフォーム事例集」を作成しました。

PFD事例集 ※①・②は当社の設計及び施工による事例です。  
①エネルギー配慮型住宅 新築事例 / N様邸 「長野県に移住してこられたご夫婦が暮らす家」
②住宅の省エネリフォームのモデル事例 / リフォーム事例4

長野県(信州)内どこでも省エネの暮らしが求められています。新築の場合はもちろん(2020年にはすべての建築が義務化の予定)、リフォーム(省エネリフォーム・耐震リフォーム・高齢者対応リフォーム・古い民家を今の時代にリフォームして新しい使い方のリノベーション・・・)も我慢しないで、お金のかからない暮らしを手に入れるためには、何より「省エネの家」が基本となります。是非長野県作成の事例集をご確認ください。長野県で心豊かに安心安全に暮らすための情報が詰まった知恵の宝箱です。


2018・04 NewOpen  八面大王足湯・待合所
八面大王足湯
 Hachime Daiou Ashiyu   Footbath & Waiting Room

平成30年4月、安曇野市しゃくなげの湯周辺整備事業に伴う、新たな八面大王足湯が移転新築されました。市民により身近でありながら観光の拠点の一つとして、とりわけ北アルプスの西山山麓から安曇野を見下ろせるロケーションを生かし、開放的な足湯のレイアウトとその本来持っていた神話性を形に織り込みました。

 水の神様である龍神様に敬意を表すべく、黄金色に輝く鱗を纏った背中と四隅の手と足、幾筋もの腹の節は人と鬼の喜怒哀楽を形にした八面大王を守るように抱え込んだ姿として表現しています。また溢れ出た掛捨てのお湯は、しゃくなげの花のオブジェに向かって流れていきます。

 地域の伝説や文化の象徴性を建築の中に取り込むことが、この地で新たな存在の意味を放つことになると考えました。また地方都市の将来のあり方を考えるうえでも、過去から未来へ向かう時の流れの中で脈々と伝わってきた地域の神話性を大切にすることも、その独自性を表すことに繋がります。WHO憲章における「健康」の定義の改定案では「完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」と「健康」の確保において生きている意味・生きがいなどの追求が重要と考えたとのことです。
 何もかもが機能的ですべてが露になった中で暮らすことは、むしろ苦しいように思います。目に見えないものや人間にはどうしようもないものが起ったり存在することを理解し認め意識を向けることは、日々の暮らしの中で豊かに暮らすための知恵にほかありません・・・。

 一方技術面では、中房温泉から引湯された
52℃の源泉を一年を通し水を使わずに常に40℃前後にする必要がありました。但し、大げさな機械やコンピュータ仕掛けではなく、自然の重力に沿った上から下へと流れるお湯と、そのルートを切り替える最小限の自動調整の仕組みから成り立っています。湯の滝と足湯床面から時たま噴き出す空気の泡は、音や見た目だけでなくこの40℃前後にお湯を保つ仕組みで、設計に関わった関係者の知恵の賜物に他なりません。尚、足湯に併設されたバス待合所は省エネ性を考慮し、特に冬場の暖房はお湯の排熱を利用しています。また地元安曇野産のサワラ板と有明石を取入、建築のトポスを具現化しています。

 尚、夕方からのライトアップされた八面大王足湯は、一番のおすすめです。東山から登るお月様を眺めながら・・・時に龍神様も現れるかもしれません。    <岡江>

MAP
事業主:   安曇野市
設計・監理: 岡江建築設計研究所+CIRCLE 岡江 正
施工者:   建築全般 株式会社 武井組
       機械設備 遠山設備工業 株式会社
       電気設備 株式会社 エーテック


2018、省エネ住宅の最終形です。1993この地域で最初のSCの家を提案してから25年の経験と実績の解答です。

2020、日本のすべての新築住宅は、暖かい家=省エネ住宅(省エネ基準)が法律で義務化されます。

私たちは、「我慢せず、暖かく暮らしたい」「安心、安全に暮らしたい」とお考えの皆さんのお手伝いをします。
 
zeh ゼロエネ住宅
新築住宅(長野県の気候風土に合った家)
銀の塔 お便り
信州安曇野の暮らし
岡江組問い合わせ
E-Mail 問合せ
岡江組最新情報
最新情報
省エネ耐震リフォーム
省エネリフォーム 耐震リフォーム
  住環境改善リフォーム
高齢者・身障者対応のリフォーム
  岡江組新築住宅
新築住宅
岡江組リフォーム
リフォーム
■ 私達の提案する「家」は、

・全て省エネ基準をクリアーした「家」です。
もちろんゼロエネ対応です。

・全て耐震基準をクリアーした「家」です。
構造計算に基づく安心設計です。

私達の提案する「家」は、約60万円/坪を基準にします。

「普通の家」でなければいけないと考えます。
■ 私達の提案する「健康リフォーム」は、

・省エネ基準をクリアーする「家」に改修します。
ゼロエネ対応も可能です。

・耐震基準をクリアーする「家」に改修します。
リフォームも構造計算に基づく安心設計です。

私達の提案する「リフォーム」は、約20万円/坪ほどです。

「我慢しない家」でなければいけないと考えます。
安曇野の春 安曇野の夏 ニスクボード®<木造軸組み住宅下地用>カタログ
ニスクボードの家
岡江組インフォメーション
インフォメーション
安曇野の秋 安曇野の冬 岡江組受賞歴
受賞歴
岡江組住まいの情報
住まいの情報
岡江組リンク 景観安曇野 岡江組リンク 安曇野の風景写真 岡江組土地情報
土地情報
岡江組リンク集
リンク集
 岡江組リンク 安曇野エコプラン 岡江組リンク 安曇野板レッドデータブック2014  Blog 気分の独り言
気分の独り言
岡江組リンク 世界の彼方此方
世界の彼方此方
    「さとぷろ。」とは、安曇野市の里山再生に向けた具体的な取組
(プロジェクト)の総称です。
 
 
 安曇野市の工務店・設計事務所です。豊かな自然に囲まれた安曇野で、その地域風土に合った質の高い建築を設計・施工します。IBEC 第4回環境・省エネルギー住宅賞受賞

有限会社  岡 江 組 ・ 岡江建築設計研究所+CIRCLE  update:20180418
Copyright(c) 2004 OKAEGUMI/Okae Architect & Circle All rights reserved
岡江組の仕事と設計事務所としての仕事